千春先生コラム操体法温古堂通信

悪くならないために出来るがある😁😆

操体法って何?と聞かれた時、一言で答えるのは難しい。知れば知るほど難しくなった。

もし私が治療院を経営している施術家なら「体の不調を治す効果のある治療法ですよ。」と言うかもしれない。ぎっくり腰の時などは劇的な効果があるし、冷えや肩こりなどその場で体の変化を感じてもらっている。

しかし・・操体法はその枠ではおさまらないンデス!! なぜなら、自分の生活に取り入れられれば最大の病気予防であり、痛みとの上手な付き合い方が出来るようになるのです。死ぬまで幸せで不安のない生活を送れるようになるからです。勿論自分の寿命の限りですが、生きている間迷いなく元気で暮らせたら良いと思いませんか?『自分の身体が快適と感じることを選ぶ』、これが鍵です。

先日も、「痛くなって専門医に診てもらったら「悪くなったら手術してあげられるけど、まだそこまで悪くないよ。」って診断されたんです。悪くならないようにしたいけど、病院では聞けなかった。知り合いに薦められて来ました。」と教室を受講して下さった方がいました。膝にしても腰にしても股関節にしても医療に頼るべき時も勿論ありますが、その前に、操体法を試して欲しい。時間はかかったとしても、人間の持っている治す力が体を良くしてくれるのです。

力の入れ具合は?速さは?どんな方向に?気持ちよくって何?・・・好転させるにはちょっとしたコツがあります。「何か出来ることはないのかな??」と探している方、一度操体法を試してみませんか。自分なりのオーダーメードの調整を一緒に探しましょう。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました