クラスの様子千春先生コラム温古堂通信

不思議だけど痛くない😉

月曜日の教室での会話です。「自分の身体の状況をよく観察して、違和感が無くなるように動くことが操体法の極意です。痛みが減る様に動いてごらんと奈良の北村先生はいつも声をかけていると聞きました。皆さんも体が発する痛みや違和感から逃げるように、減ってる・気にならない・ホッとするという所を探すように動いてみましょう。」

立位の基本の動きで、各人動いてみました。前後どっちが辛い?どこで違和感が出た?逃げる動きをゆっくり探して撓めの間は味わって、ゆっくり元に戻りましょう。(立位は不安定だから、瞬間脱力は難しいから気持ちよくゆったり戻って)

その後丁寧に確認してみました、「最初の違和感はどうなりましたか?」「あらら、全然違っている。どっかにいっちゃった。なんでだろう!?」不思議だけど効果が感じられるんですよ。(原理を探る勉強仲間探しています)

その調子で二人操法も、ちょっとお手伝いしてもらいながら動いてみましょうか。

寝ても出来るし、立っても出来る、勿論座っても。自分で良くなることが見つけられる操体法、力もいらない、頑張らなくてよい、シンプルなんです。だけど「難しい」と言われるんだなー。

結果が出せるようには、ちょっと動き方にコツがあります。是非一度体験してみて下さい。一度覚えたら、困った時に絶対役に立ちますよ。毎日続けていれば病気知らずでいられるはずです。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました