千春先生コラム操体法活動報告温古堂通信

出前講座に行ってきました😉

水の森市民センター会議室で開きました

水の森ノルディックウォーキングサークルの皆さんに自分で出来る体のケアの方法として操体法をご紹介してきました。

今回操体法を紹介させていただくことができたのは、会の代表の眞山さんからご依頼をいただいたおかげです。「このサークルは17年続いてきています。それなりに今は元気でも、どこで何かが起きてもおかしくない年齢にみんなが突入しています。いつまでも自分のペースでノルディックウォーキングを続けられるようにいられるためには、自分の身体との付き合い方を覚えて欲しいと思いました。操体法はぴったりでしょ。」と声をかけて下さったのです。高校大学での先輩にあたる眞山さんは、昔から社会体育に関心を持っていらっしゃいました。40人もの会員を率いての頼もしい姿です。

約2時間の講座になりました。皆さん熱心に参加して下さいました。

先ずは原理を説明し、アスリートならではの頑張り過ぎは危険という話をさせていただきました。その後①立位の基本操法3種と伸び・足踏み 休憩をはさんで後半は動診(動いてみて感じる)を取り入れて欲しいことを伝え、仰臥位での操法を実践しました。➁つま先上げ、腹式呼吸、カカト押し出し、腕ねじり、胸反らし。

 ゆったりと自分の身体を見つめながら歪みの解消に取り組んだ皆さんは、体の変化を感じて下さったようです。少しでも生活に取り入れて欲しいです。「ゆったり気持ちよく体からのメッセージを無視しないで!」

仙台から世界へ操体法の輪を広げていきたいです。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました