世界での操体法💕

インターネットの普及で、身近ではない世界の情報を見ることが出来るようになってきました。SOTAIと検索すると、色々なサイトを見ることができます。

敬三先生がお元気な時に温古堂を訪ね、操体法を勉強されて地元に持ち帰った人たちは、国内外いろいろな地域からいたようです。35年前私が温古堂に関わる様になってから(敬三先生が引退した後でしたが)も、日本各地と共にスウェーデン・オーストラリア・アメリカ・ドイツからの来訪者があったことを記憶しています。

今日はオーストラリアから、「誰か紹介して欲しい」とメールが届きました。今回は昔温古堂に研修にいらした人を紹介することができました。勉強している人の輪、世界に広げたいです。

写真解説集は英語とドイツ語に翻訳されたものが出版されていて、今スペイン語での翻訳にもとりかかられています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0165-577x1024.jpg

万病を治せる妙療法は中国語にも翻訳されています。

私も、浪越指圧の先生のご紹介でイタリア・ポルトガル・スペインにおける勉強会で、またドイツに渡った武道を教える日本人の先生の教室で、「橋本敬三先生の考え方や操体法の動き方の講座」をさせていただいたことがあります。指圧や太極拳などの身体の捉え方は外国でも受け入れられていて、それに携わる皆様には操体法への関心も高かったのです。

敬三先生の原稿には何度も読み返してわかることがあります。単純なHow toではないことが多い。言葉からイメージできるためには、いろいろな知識と経験が必要です。言語が共通でない人にも、敬三先生の原点が伝わることは、とても嬉しいです。世界中に操体が好きになって深めていく人が増えることを願います。

勿論日本国内でも、「高齢になると活動の範囲が狭くなってきて、自分の地域で誰かいませんか」というニーズも出てきますから、仙台の皆さん操体法で元気になる活動に参加しませんか?指導者向けの勉強会おすすめします。仲間募集してます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

身体を感じる

次の記事

懐かしい映像