人の手を借りる

操体法は自分の体に聴きながら、体の歪みをなくすように動いていくのが基本。不快でやりにくい方向から楽で気持ちよく動ける方向へ逃げる。

自分で動いてうまくいけば、身体ってうまくできているなと感心する。

誰かの手を借りて二人操体をすると、やっぱり助けてくれた人に感謝の気持ちが向く。「○○のおかげでよくなった・・・」そうなると手助けした人もまんざらではない。あの手がなければできない、私の力?勘違いが生まれることもある。

あくまでも、本人に歩み寄ることで結果に結びつくことを大切にしたい。動きの安定には、重心移動が基本。温古堂の学習での二人操体の支えは、動きを通して重心移動と安定する体の使い方を学ぶこと。

意外と知らない『体の取り扱い説明書』一緒に学びませんか?基本の使い方さえ間違わなければ、自分流の応用は無限大です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です