胎児から始まる体の歪み

昨日は、月に一度の妊婦さん向け体の整え方と支え方教室でした。助産師の佐藤先生の話を熱心に聞く生徒の皆さん。「妊婦さんは、自分の不調を気にするけれど、それはイコール体内の赤ちゃんの不調です。」

お腹が張る、腰が痛いそれは赤ちゃんからのメッセージだと思って下さい。お腹の形が子宮の形。気にしたことありますか?お母さんの体が整うと、お腹の張りも取れてふわふわの子宮(赤ちゃんのベッド)になれますよ。痛みやツッパリのある方から逃げるように、気持ちよくゆったり動いてみて下さい。

妊娠中はホルモンの関係で、体は緩みやすいです。整いやすいし、崩れやすいということ。毎日の生活の仕方はとっても大事です。

偏った食事で偏食の子どもになったり、歪んだ骨盤では、生まれてくる時にはなかなか出てこれなかったり、妊娠中の過ごし方はいろんなことにつながりますよ。

 操体法を覚えていれば、困ったときに自分で工夫することが出来るようになります。是非勉強しに来てください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です