病名がつく前の痛み

操体では、体が悪くなる順序と良くなる順序の解説があります

「病気だから調子が悪い」「病気が治ったから気分が良くなった」一般的にはそう考えられています。でも・・・

操体では、病名がつくほど悪くなる前に、体が歪みを察知して調子が悪いと感じる。反対に気持ちのよい生活を取り戻せば歪みが小さくなって、病気を治す力を発揮して体調はよくなる。と考えます。

「調子がおかしいのに病気が見つからない」と、不安になっている方の話をよく聞きますが、病名がつくほどではないなら、今体の歪みを治すような生活を取り戻してみましょう。気持ちよく体が喜ぶ息食動想です。勿論環境も整えて。変えられるのは自分、やるのは今です。

何が問題なのか、一緒に見つけてみませんか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です