敬三先生の好きだった花😐

先生は露草(ツユクサ)がお好きでした。古くから日本人に親しまれたツユクサ(古名では「つきくさ(月草・鴨頭草)」)は、『万葉集』にも詠われています(9首)。朝咲いた花が昼しぼむことから、はかなさの象徴として詠まれたものが多いようです。

花言葉とは? 『尊敬』『なつかしい関係』 花言葉の「尊敬」は、澄んだ青い花の奥ゆかしさにちなんで付けられたそうです。野原一面咲いている場所もありますが、我が家の庭にも季節が来ると顔を出します。とても強い花ですね。

この季節、花を見つけると先生の笑顔が思い出されます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です