温古堂とは?

橋本敬三(1897~1993)

温古堂は1941年(昭和16年)、橋本敬三医師により、医院として仙台に開設されました。以来、現代医学の治療と共に、【自分の健康を自分で守る方法】としての【操体法】を指導してきました。

現在は創始者の意志を継承し、操体法で体を整え、痛みのない・病気にならないための体の動かし方や、生活の仕方を学ぶ場となっています。健康で一生を送るための原点を学びます。

温古堂は、いつでも・どこでも・だれでもが、日々のバランスを整えて健康を維持できる方法を、多くの方へお伝えしていきます。

ごあいさつ

 温古堂代表 橋本千春

1987年、敬三先生の孫橋本雄二医師(橋本クリニック院長)と結婚することで、温古堂に関わることになりました。敬三先生が90歳の時です。
宮城教育大学保健体育専攻で学び体育指導者を務めました。医療関係の資格はありませんが、自分の生活の中で体を整えていく操体法を、スポーツを学ぶのと同じようにとらえています。初心者は初心者なりに、そして中級上級と続けていけば、パフォーマンスは深まっていくものです。繰り返す動きで、動きの感覚が高められ、歪みのない体、つまり病気にならない体でいることができます。理にかなったからだとの付き合い方ができると考えています。
悪くするのも自分・治るのも自分・治せるのも自分です。操体法の動きで身体も心も快適になることを伝えたいと思います。もちろん息食動想環境も大切です。毎日の生活を見つめることが、幸せにつながります。
 敬三先生は医者として難病といわれる患者さんを操体法で治療して、素晴らしい実績を残しました。帰り際には「毎日ちょいちょいと自分でやりなさい。そうすれば元気でいられる。良い体なんだから」とやり続けることを指導していました。
 「失敗から学ぶ」心も体も自分の気持ちよいを見つけることが大切。
居心地よく健康で一生元気に暮らせるための体メンテナンスは、快適感覚にしたがって行う操体法で。

信号無視している人には信号があることを知ってほしい、そしてその見方を教えるのが操体だと思う。

 操体法を実践できたら、生き方が楽になる。 個人の幸せは世界の平和へ
 「この世は極楽」

総論原理原則をしっかり伝えたい
   各論(それぞれの応用)は無限大 

一人一人が自分の操体ができたら幸せに
   なんでもやってみよう
 「どう呼吸している?」「何をどのように食べた?」
 「どのように体を動かしている?」「どんな考え方?」

体がどう感じるか、気にしていたら見えてくるはず。体はいつもシグナルを出している。

それを聞けるかどうかが鍵。 

橋本 千春(はしもと ちはる) 

温古堂代表 宮城教育大学卒業 
硬式テニス・フィギュアスケートで国体出場 日本操体学会理事 健康マスターエキスパート認定
著書『子どもとマスターする45の操体法』他


●過去の実績
財)体力づくり指導協会主催研修セミナー/仙台白百合女子大学一般体育非常勤講師/高森東地区社協ボランティアもくれんサロン/高森東小学校、茂庭中学校区PTA行事/高森市民センター主催健康講座/仙台市社会学級/高森東地区地域健康づくり協力/DENSOAIRYBEES(実業団バレーボールチーム)/ 国外で操体法のセミナー(ポルトガル2015・スペイン2016・イタリア2018・ドイツ2019)