新しい出会い😁😉

今週は3人の若者たち(30代)に、操体法を実践してもらう機会がありました。

皆さんは、肩が苦しい・時々腰が痛い・頭が重くなるなどの不定愁訴がある。自分でそれらを解決できるなら、その方法セルフケアを覚えたいということで温古堂へ来られました。お互いに歪みの発見(静止時・前屈時・両手バンザイ・・)をしてもらうと、やはり見かけのアンバランスはあるようです。

参加者の一人S君は、「万病・操体法の実際・イラスト版と3冊の本を図書館から借りて読んでみました。見よう見まねでやってみたら、やった翌日になんか背が高くなったような気がしました。ためとか間とかがよく分かりませんでした。」動いてみての感想は、「気持ち良かった。それと不思議!筋肉のコリが動いただけでなくなるのはびっくり・・」

M君は、合唱経験者でした。息遣いがとても上手で動きの連動も自然に生まれました。体操やストレッチのように力強く動くのではない動き方を、体感してくれたかな?!「気持ちのよい動きを探って動くって良いですね。両親にもやってあげたい。」敬三先生が言っていた「自分の周りの人に伝えて欲しい」が出来たら嬉しいです。

一緒にやってみた私の感想は、50代以上の痛みを持つ人たちと比べると、30代は動きが滑らかで柔軟性に富んでいる。最初は違いが分かるかどうか不安だったけれど、意外とみんな動きの中での気持ち良さや、固い筋肉と緩んだ筋肉などの違いに敏感だった。

元々大きな痛みがあるわけではないのですが、動きがスムーズになった感覚や、全身がつながっていることや脱力での気持ち良さをきっちり感じてくれて、感激しました。

「今から体と向き合う時間を持ってセルフケア続けられたら、将来への不安が変わってくるよ。」一度では、ほんの入り口でしか紹介できませんでしたが、是非興味を持ってまた来て欲しいと思います。 メールでの申し込みの場合初回登録料フリーにします

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です