身体を感じる

今日の皆さんは運動歴のある方6人。日頃は体をいじめながら頑張って,痛みのある部位もかかえているようです。少しでもしっかりした体づくりをして、なんとかパフォーマンス力を上げようと、日頃から筋トレ・ストレッチ・柔軟体操は欠かさないそうです。

そんな皆様に操体法を体験していただきました。体操のイメージを操体の「ゆったりフワーと無理せず心地よさを伴う動き方で・・・」に変えていただくことが、一番最初の大切な導入です。体を動かすのは、筋肉に力を入れて、しっかり充分に可動域を広げて、弾みをつけて、左右がんばる・・はNG。

操体法での運動系の基本法則を理解してもらうことが大事です。一回わかれば、体に敏感な皆さんは上手にコントロールされます。感覚を大切に、連動・安定・心地よいをキーワードに動きます。

「今までは反対の事が良いと思ってやっていて、可動域もなかなか改善しなかったけど、何これ。こんな簡単なことで体が変わるのはびっくりです!」「運動前後には是非取り入れてやります。」

一人一人の体はみんな違います。どこまでどのようにと、ゴールを決めた動き方にならないのが操体法です。だから良いけど、だからみんなでやるのは難しいところがあります。頑張らない・欲張らないで自分なりの動きをみつけて下さい。気持ちよいが身体によい。安心リラックスは身体の痛みもバランスも変えてくれるはずです。

お試し受付中。興味のある方メールでお申込み下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

立ち方と呼吸

次の記事

世界での操体法💕