呼吸も楽になるの?

今日は個人相談のIさんのお話。左股関節の手術を1年前にされて、今は股関節の痛みはなくなったものの、寒さのせいか傷が痛むそうです。「痛みがでないように、そして冬の雪道転ばないようにと気を使いながら行動していたら、肩の凝りや背中の痛みがつらい」とお見えになりました。仰向けに寝て、先ずはゆったりつま先上げ。そして彼女に合わせて気持ちよく動く膝倒しと足の踏み込みを終えた所で、「呼吸が楽になった。大きく息が吸えて、声も楽に出せる。なんで?」来た時には訴えていないことでしたが、体の変化に驚いたようです。

それから肩の上げ下げ、首の圧痛逃避操体をして、体を起こしてもらいました。「ほんとに呼吸が楽になった。不思議。ホントにホント。そういえば昨日から息が吸いにくくて、肺の病気になったのかと心配するくらいだったんだけど、操体法って不思議だね。」

肩こりを治すだけだと思っていたのかな?体の歪みが無くなれば、体が本来の元気を取り戻すことが出来るんです。

仕上げに座位での操体法で、上半身からの調整をしました。「背中も腕も首も軽い。ずっとこのままでいたいな。」「家でもやっているけど、ここまで変わらないんだよね。」一人操体でも少し工夫を加える事で、結果は違ってきます。形にこだわらず、自分の気持ちよいところを探る練習してくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です