自覚する大切さ😃🤢😢

感覚による自覚は、人によっていろいろあります。初めて操体法をやってみる人に、本人の自覚を促すのが一番難しいと感じています。 やりにくい?痛い?突っ張る?以外の気にしてもらうための声掛けに工夫が必要です。

万病を治せる妙療法では、『知識が発達することによって、勘がみがかれなくなり、感覚が退化し、知識にたよらなければ生きられなくなっています。しかし、知識だけにたよったのでは健康な生活はおくれません。」とあります。また「自覚がなければ、バランスのくずれは感じられないので、からだが矯正しようという働きをしないことになり、さらに歪みが進むことになってしまいます。」とあります。

ということは、『自覚によって、体が感じている違和感を改善しようと行動することがからだを矯正する事である。』。

庭にホウレンソウの種を撒きました。1週間ずらしてまいたのですが、その成長はとても差があります。気温に合わせて、発芽のタイミングや成長の度合いが違います。太陽のあたり方で、差も出ています。環境によって一粒の命が選んでいる生きざま、人間もそのような機能があるはずですよね。

基本に立ち返って、体の感じていることを確認してみてください。息・食・動・想、何をどのように?・・・自分のすべきこと何なのかがきっと見つけられると思います。

「感覚やカンをみがき、からだの変化を早くキャッチすることが大切です。」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です