今日は敬三先生の生誕記念日です

1897年9月8日は敬三先生の誕生の日、今年は生誕123年です。今日講習会に参加してくださった皆さんと、敬三先生を偲んで先生の著書を読みました。万病148ページ「命の息に感謝をこめて」。命の元である食や呼吸、「いただく」という気持ちが感謝を持つことに通じ、行動次第で罰があたるという考え方。最近聞かなくなった言い回しですが、大事な心。参加くださった皆さんの経験談を伺い、生きる上で本当に大切なことを話し合うことができました。今日生かされていることはあたりまえではなく、本当にいろいろな支えがあっての事ですよね。先生の文章の最後は、

「一日の御恩を感謝しましょう」。大自然の根源は大慈大悲の大生命の御親です。悦びは感謝から生まれます。と結ばれています。今日はこの言葉をかみしめないと思います。

大慈大悲(だいじだいひ)の意味・使い方 – 四字熟語一覧 – goo辞書

だいじだいひ【大慈大悲】仏教のことばで、仏の限りなく大きな慈しみのこと

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

変化は感覚から