重心の位置

先週の講習会で、万病を治せる妙療法141ページを読みました。「重心移動の法則を知る」です。包丁を使う時は・物を拾う時は・高い所の棚のものを取るときは・振り返る時は?一つずつ実践で試してみました。

確かに書いてあるようにすると、安定して力を出し切れます。

 先週の話がどうにも頭から離れなかったというHさん。「何するんでも重心のことが気になって、いろいろ考えた一週間でした。」と報告をいただきました。

WONDERFUL「とにかくやってみること」が操体の基本。気にすることで、気がつくことがあるはずです。重心の安定は、感じられれば正解が見つかるはずです。貴重な日々でしたね。

一つ一つこの時はこっちというように覚えるのでは、大変です。頭で覚えるのではなく、自然に理にかなった動きが出てくるように、体が感じて選べるのが一番。それには、立位の基本操体(般若身経)を繰り返すことだと思います。

(一番間違いやすいのは側屈。伸ばす側に体重を移動します)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

量より質