自分で見つける

全国では40度越えの地域もありますが、今日の仙台は風が気持ちよく過ごしやすい一日になりました。お盆の間敬三先生の霊も温古堂を見学に来て下ったかな?日々精進して、いろいろな体の発見を皆さんとシェアしたいと思っています。

今日は「自分で見つける」を、みなさんと話しました。体の設計にミスはないはずですが、使い方にミスがあれば体は歪みます。歪んだ体では、正しいと言われる体の使い方が違和感を感じる動きになることもあります。それが、不自然の中の自然。「誰かがこれが正しい立ち方ですよ」と教えてくれた時には、先ずそれが今の自分にとって居心地の良い事なのかどうかを確かめて下さい。

「言われたとおりにやったら、痛くなった」そんなことがありますよね。「フォームを治したら腰が痛くなった」という話はよく聞きます。先ずは体を整えてから、その新しい動きが今の自分に適しているかどうか体に聞いてみて下さい。自分の体に聞くことが出来るようになるためにも、ゆったりとした動診をする習慣をつけましょう。頭で考えるのではなく、感覚を育てることです。継続が教えてくれることがあります。

今日は「草むしりをして腰が伸びない時にはどうしたら楽に立てるか。」について皆さんと検証しました。膝が痛い人が一番楽な草むしりの姿勢についても話が広がりました。自分の体の使い方やクセがそれぞれの話に見え隠れしました。やってみれば、なるほどと思えることがあります。

皆さんの発見、シェアしましょう。

今日のまとめ。右手で草むしりをするときは、右ひざをついて左膝を立てて作業するのが一番楽。立ち上がるときは無理やり起きずに、一度丸くなる。中腰でのトイレ操体も有効。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です