一番の予防は歪みを正す事

今私たちは、新型コロナウイルスとの応対でいろいろ考えさせられています。今回の騒動から何を学び、これからどう生かしていくのか。情報に流され、大切なことが見えなくならないようにと考えます。インフルエンザとの比較の話が時々出ますが、厚生労働省から発表されたものを転載します。

新型インフルエンザに関するQ&A|厚生労働省 によると 例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いると言われています。
国内の2000年以降の死因別死亡者数では、年間でインフルエンザによる死亡数は214(2001年)~1818(2005年)人です。
また、直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡を推計する超過死亡概念というものがあり、この推計によりインフルエンザによる年間死亡者数は、世界で約25~50万人、日本で約1万人と推計されています。

 いまの新型コロナの状況より怖くないですか?薬があってもこの結果。知らずに過ごす我々には、通常の生活があります。

 人所に沢山の人がいても、罹る人とかからない人がいる。勿論病気の人に違づかないことも予防ですが、かからないでいられる体でいることが、本当の意味での予防だと思います。大切なのは自分の体に歪みを作らず本来の免疫力を発揮できるように過ごすことにつきますね。ステイホームで、生活リズムが安定して元気アップ、加えて操体法の励行で歪みのない体を取り戻して下さい。早く社会が落ち着きを取り戻すことを願います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です