力の入れ方と抜き方

温古堂に来て操体をやるときは、あまり考えないで自然体で出来るのに、家でやろうと思うと、あれっと考えちゃう。こんなやり方でよかったんだっけ?手は伸ばすのかな?それとも・・・ 私は右側が悪いから右を伸ばすようにでしたよね。・・・

何度も説明しているけれど、やっぱり形でやろうとしてしまうのですね。

体はなんて言っていますか?どちらが窮屈でどちらが気持ちよくできる動きでしょう。「そうでした、また頭で考えてた。」 何か正解を見つけようと型にはめていたAさんでした。

痛みから逃げるように行きたい方向へやりすぎないようにふわー、たわめの時間をとって、ストンぐにゃ。フーゆっくりひと呼吸。体がつながっているのを感じながら動いてくださいね。

何か正解を見つけようと型にはめていたAさんでした。温古堂では上手に体に合わせて動きを見つけ、上手に力を抜いています。

「ノートに書いていこう。忘れないように」何を書いていたのかな?原理原則気持ちの良さを引き出すように自然体でいてくださいね。書いてあるように動こうとするとまた、むつかしくなりますよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です