どういうメカニズム?

今日も不思議だね。どうしてこうなるの?と言いながらも、『気持ち良いは体に良い』を体感していただけました。

「少し気持ち良いって感じがわかった。」「今日は肩が結構痛かったので、来るのはやめようと思ったんだけど、すごく楽になった。」

痛みの出る方から出ない方へ、動いてみて少し撓めてストンと脱力。ストンが出来たら効果も大きいけれど、最初は怖くてじわっとやめる。そのうちに少し自信がついてきて、ストンとやめられた。こわごわ試してみると、あれ痛みがとれている。少しずつ探るという動診が上手になってきた。最初に比べると、腕の動きも大きくなりました。

「やりすぎないように」沢山回数やったら良いわけではなりません。ホッと一息できたなら。しばらく時間をおいてからやってください。

 頑張る欲張るは、逆効果になることもありますよ。丁度良いを見つけてくださいね。

来週までにお家で出来る宿題を確認して、ルンルン気分で帰宅されました。「随分痛みが軽くなりました。感謝。でもなぜかなー・・・。」

痛みは治る方向を教えてくれています。敵だと思わず上手に付き合いましょう。完治目指し、一歩一歩

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

改めて刻む言葉

次の記事

立春ですね